苦労が多い栽培

高麗人参は、古くから日本で用いられてきたものです。
疲労回復に効果的であったり、免疫力を上げたり
また、血行を良くするなどの働きがあるので、コリをほぐしたり冷えを改善するなど嬉しい効果もあり注目されているのです。
本当は天然のものが一番優れた効果を発揮するのですが、現在天然のものを探すことは容易ではありません。
その為、高麗人参を栽培しているのですが、これもまたなかなか手間ひまがかかり大変な作業なのです。

なぜなら、高麗人参を作ろうと思ったらまずは土壌作りが非常に重要になるのですが、これにかかる年月も長く一年から三年くらいはかかると言われています。
有機物を使っての土づくり。
化学肥料を使ってしまうと上手く育てることが出来なくなる為、注意して土づくりを行うのです。
その後種まきを行い、そこから数年。
4年が経ってやっと発芽します。
そして、4年から6年が経った頃やっと収穫できることになります。
ところが、長い年月が経てば経つほど害虫の危険にさらされたり、根腐れの心配も出てきます。
ですから、神経を使いながら慎重い育てて行かなければ、良いものを収穫することはできないのです。

また、高麗人参を一度栽培して収穫した土壌は、数年間休ませる必要があります。
なぜなら、栽培している間に土の中の全ての栄養素を高麗人参が吸収してしまうからです。
その為、続けて栽培することは難しくこのような理由もあって栽培はとても難しいと言われるのです。
それでも、中国や韓国をはじめ、ロシア、アメリカなどでも栽培されていると聞きます。
もちろん、ここ日本でも栽培されています。

高麗人参は、メンタル面にも良い効果が期待できるものです。
自律神経失調症の方や、なかなか眠れない方などにもオススメの生薬です。
ストレスが多くて精神的に不安定になっている方も、是非試してみてください。
血行を良くする働きもある高麗人参http://www.phoenix-power.net/k3.htmlは、きっと心身ともに温かくリラックスさせてくれることでしょう。